読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつら・うつら

休日ニートの通勤ブログ

vs保険

最近は保険選びに奔走している。

 

調べれば調べるほどメンドクサイ保険という世界

基本保険ってものは「自分の資財でどうすることもできない時のもの」であり

自動車保険の「対人無制限」のように

自賠責保険という公的保険で賄えない分だけ入れば良いのだが

各種特約という名のオプションとそれが有効になる

「所定の状態」が会社や商品によってまちまちで非常にメンドクサイ

 

とりあえず入るとして色々ありすぎるので自分用に保険のメモ

 

死亡>

考えなければならないのは、嫁と子供の教育費と生活費

仮に2人目が3年以内にできたとしても60歳まで保障があれば十分

どうせ掛け捨てだし定期より収入保障のが良さげ

この時、高度障害でも保障されるのは絶対条件

余命宣告時に前借できるリビングニーズはあったら嬉しい程度

 

医療>

健康保険があるので高額医療控除も効くし

気になるとすれば先進医療だけどまず使われない様だ

(使われることがないから掛け金も安い)

入るとしても県民共済コープ共済の2k円/月で

先進医療も付けられるのでそれで十分だと思う

 

だいたい終身医療で月4k払うと30年払い込みで144万になるが

ケガや病気で手術+入院10日しても精々15万しかもらえない

一生のうちに手術+入院するようなケガを10回以上しないと価値がない

貯金しておいた方がマシな保険といえる

(逆にいえば貯金できない人は入る価値がある)

 

ガン>

他の病気と違ってガンはなってからが長い

幸い自分の家系にはガンの罹患者は3代遡ってもいないので

そんな重要視してはいないが、最近は大きな手術よりホルモン注射と経口薬で

上手く付き合っていく治療、いわゆる緩和ケアが多いようで

「所定の状態」について約款と睨めっこする必要が一番ある

 

 

老後>

確定拠出年金(DC)で増やしておく

税控除額が民間の積みたてなんて足元にも及ばないので

できることなら満額つっこみたいけど今は1万くらいかな

 

学資>

学資保険を単利20年の定期預金とすれば、年利回り1%は欲しい所だ

つまり返戻率120%前後であればリスクも低いし入る価値がある

それ以下なら米ドル建てで積みたてでもしてた方がマシ

 

 

さーて、また窓口いってくるかー